「若はげ」と「若はげ」が走行中にケンカ あおり運転の末路

「若はげ」は短気
せっかちな性格なため、
頻繁に前の車をあおる
普段はコソコソ逃げ隠れているが、
車に乗ると、非常に攻撃的になり、
極めて危険な運転をするが、
しばらく運転していると、時には、
自身があおられる場面がある。


あおってくるヤツも若はげだった。

どっちも 若はげ

若はげと若はげのケンカ

若はげの洞察力は凄まじく、
このような場合、お互い、瞬時に
相手の戦闘力を見極める。

「若はげ」と「若はげ」は
引かれ合う
という法則があるが、本当に
「若はげ」と「若はげ」が遭遇した場合、
お互いに、「あいつゼッテー弱い」と、
相手を見下している。
「さすがに、アイツよりは
    俺の方が強いだろう」と、
裁きの天秤を作動させる。
そして、「アイツ弱そう」と判断すると、
突然強気な態度になる。だから、
お互いに、どんどん強気になり、
当然にケンカになる。
お互い、道を譲ってやろうという気は、
まったくねーのである。

前のページで愚者と愚者が遭遇すると
交通事故が発生する
と学んだが、
まさに、今がそれである。

この時点で、「両方の若はげ」
瞬間湯沸かし器のごとく、
怒りゲージがMAXとなっている。
「若はげ」になるようなヤツは
一般的なドライバーよりも短気であり、
相手の些細な事にいちいち気づき
しかも、その些細な事が許せない

「若はげ」になるようなヤツは、
往々にして、自分の事は棚に上げ
自分以外の薄毛なヤツは、
みんなネトオタだと
勝手に決め付けている。
そして、「後方の若はげ」が、
さらに車体を接近させる。

基本的に、1度あおられると、
あおられている方が
圧倒的に不利である

スポンサーリンク

 

あおられている「前方の若はげ」も
プライドだけは人一倍高く、
あおられていても、
意地の報復攻撃を敢行する。
これみよがしに喫煙を開始し、
まったくビビッてないよ という、
パフォーマンスを披露する。

灰をできるだけ後ろへ捨てることで、
飛び道具の効果を生み出す。

「後方の若はげ」も
プライドだけは超一流のため、
後ろへ灰を投げてくる仕草には逆上し、
クラクションを見舞う。
すると、イタチごっこで、
今度は「前方の若はげ」が
このクラクションに
過剰なまでの反応を見せる。

実際には(親の車だし)、
マジで追突されると困るため、
手加減した急ブレーキである。

手加減した急ブレーキであっても、
後ろの車は車間距離を詰めていた為、
充分すぎるほどビックリする。
運転している時はイキがっているが、
いかんせん、元がヘタレなため、
この急ブレーキには
顔面蒼白である。

急ブレーキの後、
そのまま、2台の車の動きが止まる。

やがで、一方の「若はげ」が
窓から顔を出す。(車からは出ない)
もう一方の「若はげ」も呼応して
身を乗り出す。(車からは出ない)


一触即発ww
ケンカ開始

お互いに、意地でも目を逸らさない。
目を逸らすと、相手の「若はげ」に
「こいつ弱い」と思われるため、
必死こいてガンを飛ばす。

通常のケンカであれば、
車から降りて
大声で啖呵(たんか)を切ったり、
怒鳴ったり、暴れたり、
リアルファイトに突入するのだが、
この2人の場合、静止している。
なぜ静止しているのかと言うと、

人生で1度もケンカをした事がないため、
ケンカのやり方が分からないのだ。
ネット世界では いばり散らしているが、
リアルな人間に対しては
怒鳴ったことなどなく、
また、身の安全を守るために、
車からは絶対に降りてこない
第三者から見ると、
見つめ合っている様に見える。
時間だけが どんどん過ぎていく。

モーションが一切ないため、
ガン飛ばしを辞めるタイミングが無く、
いつまでも相手の顔を
ガン見しなくてはならない。
どこの誰だかも分からない「若はげ」と、
何十秒も無言で見つめ合うのは、
超 気まずい
それでも、自身のプライドが邪魔をして
自分から目を逸らすことはできない。

やがて、身体に支障が出始め、
生命の危険すら懸念されるため、
「後方の若はげ」が
断腸の思いで発進する。

「若はげ」共通点として、
粘着質な性格が挙げられ、
当然、このままじゃ終わらない

「発進した若はげ」が、
負けたと思われたくないから、
ゴミを投げ捨て、猛アピール。
俺は負けたわけではない
見逃してやっただけだ

もう一方の「若はげ」も粘着質で、
このゴミ捨ては許せない

前後が入れ替わり、
さっき あおられた仕返し
ここぞとばかりに開始する。
「あおり運転」の上級テクニック、
「蛇行しながらあおる」を強行する。

「今あおられている若はげ」からすると、
たとえ急カーブであっても
ブレーキを踏んで減速すると、
「後ろの若はげ」に
運転がヘタだと思われる事を恐れ、
ブレーキを
  一切踏まない
ブレーキランプが頻繁に点灯するのは
非常にダサいと考えている。
そのため、凄まじい速度で
カーブに進入することになる。

極めて危険な運転
遠心力で、車内の小物は吹っ飛ぶ。
「若はげ」の基本属性は潔癖症であり、
日ごろは、車の中の小物は
完全完璧に整理整頓されているが、
一旦キレると、あっけなく
車内はメチャメチャになる。
市街地に近くなると、交通量も増え、
事故が起きるのは時間の問題である。

スポンサーリンク

 

やがて、前方に遅い車を発見。

安全運転を提唱するシズ子が、
法定速度で前方を快走中。
これで、後から来た「若はげの2台」は
減速せざるをえない。
「あおられる若はげ」にとっては、
全てシズ子のせいにできるため、
気が楽になり、緊張が解ける。

さっきまで必死こいて
危険運転していた「あおられる若はげ」は、
ここにきて、
ひとまず、安息の一服を始める。

最後尾の「あおる若はげ」は、
徐行運転となっても、意地であおる。
今まで、執拗にあおっておきながら、
急にあおらなくなったら、
ビビッたと思われるんじゃないか?
依然、自身の名誉を守る。
しばらくすると、決着をつけるために、
一気に2台抜かし、先頭へ躍り出る。

「抜かされた若はげ」は、
この「2台追い越し」運転には
逐一、反応する。
自分以外の人間の
追い越し運転
非常に気に食わない

即座に抜き返す。

以下、無限ループ。
抜きつ 抜かれつ デッドヒート。

たまに、急ブレーキ

たまに、飛び道具


まさに 実力伯仲
若はげ同士のケンカ


※ 一般道です
※ 右の車の色が間違ってるわwww

横一線、ロングストレートで
ラストスパート。でも、

道路でモンスターを捕獲するアプリ
子供がプレイしていると、
高い確率で急に道路に飛び出してくる。
「若はげ」の無謀運転は、
法定速度を大幅に超えており、
止まれるわけがない

大事故発生w
あれだけイキがっていても、
事故を起こすと、途端に、
本来の子羊へ逆戻りする。

スポンサーリンク

 

なお、事故を起こしてケガ人が出ても
商店街の人や通行人に怒られるのが怖く、
車からは出ない

ケガ人の教護はドライバーの義務であるが、
普段、外に出ないヤツに
そんな事ができるわけもなく
警察が来るまで、車の中で待機となる。

なお、警察に身柄を拘束されると、
急に饒舌になり、
言い訳祭りがスタートする。

容疑を否認w