【仰天】若はげがミノタブを摂取するとこうなる

お前の薄毛のパターンが
AGAタイプ2であれば、
時間をかければ比較的容易に治る

このタイプの薄毛は、
フィナスタリド服用が前提で、
市販の7000~8000円の塗りミノキを
毎日塗布していれば、
髪の毛は不死鳥のごとく復活する。

なぜなら、塗りミノキは
上記のカッパのためだけに作られた
公式の医薬品だからである。
ただ、このページに流れ着いたお前は、
カッパではなく、
おそらくAGAタイプ1
いわゆる若はげであろう。

このオデコから後退する「若はげ」タイプは
非常にやっかいである。
フィナスタリドの効果も
半分以上が打ち消され
さらに、市販で手に入る、
7000~8000円の塗りミノキを
大量に塗布しても、ほとんどが
はじき飛ばされるからだ。
そもそも、塗りミノキは
カッパ専用の医薬品であり、決して
「若はげ」のための医薬品ではない。
これは、箱の裏に記載されているが、
気がつかない「若はげ君」が非常に多い。

スポンサーリンク

若はげとフィナスタリド

オデコが後退する「若はげ」は
ガチでやっかいで、
フィナスタリドを服用しても
効果は極めて限定的である。

若はげにフィナスタリドは、
ほぼ効かないが、それでも
1日でも長くカッコつけたいのであれば、
飲まないよりは飲んだほうが良い
フィナスタリドが日本に登場した頃は
価格が非常に高額(1ヶ月7000円)で、
若はげのただでさえ少ないバイト代
容赦なくむしり取っていた。

しかし、特許期間が切れ、続々と
後発のジェネリック医薬品が発売され始め、
低所得の若はげ達を歓喜させた事は
記憶に新しい。
今や、薄毛の人にとってのフィナスタリドは
フリスクと同じくらい、身近な存在である。

フィナスタリドは、あくまでも
経口摂取(口から摂取)するので、
「若はげ」に対しても
体内からの「多少の効果」は期待できる。
このように、「若はげ」の頭皮に
薬品の効能を作用させるためには、
経口摂取がポイントとなる。

経口摂取の有用性は、
ミノキシジルにも当てはまる。
ミノキシジルを経口摂取するための、
ミノキシジルタブレットが存在する。


世は まさに
大発毛時代!!

スポンサーリンク

若はげとミノキシジル

オデコが後退した若はげに
塗りミノキを塗布しても
何ら効果は無いのはもはや常識であるが、
フィナスタリドのように
経口摂取(口から摂取)することにより、
なかば強制的
ミノキシジルの効果を発動させるという、
屈強な若はげ達が、多数いる。

日ごろ 頭に塗布している塗りミノキを
直接 飲みこむわけにはいかないので、
ミノキシジルタブレットを用意する事になる。

おそらく、ミノキシジルの経口摂取、
いわゆるミノタブの服用
現存する最強最大の発毛ツールである。
ただし、強烈無比な医薬品を経口摂取し、
強引に体内から効果を発動させるため、
人によっては副作用が発生する場合がある。
副作用の主な代表例は、心臓の動悸である。

AGAタイプ1の「若はげ」の場合、
得てして副作用だけが強調されるが、
それでも、ミノタブの作用は
天下無双の豪傑なため、
若はげの頑固なオデコに対しても
一定の成果をもたらすことが多い。

さらに、副作用として、多毛症となる。
若はげ達は、この多毛症を利用して
髪を増やそうという魂胆である。

ネガティブな副作用の中で、やはり、
心配な症例なのは、心臓の動悸であろう。
心臓がバックン・バックン、
何時も気になってしょうがない。
ここから先は、
髪の毛と心臓を天秤にかけることになる。
医薬品ミノキシジルの本来の目的
あくまでも血圧降下剤であり、
副作用として多毛症となっているにすぎない。
だから、お前の身に何かが起きたとしても
全ては自己責任となり、
メーカーにクレームを入れても
あえなく門前払いとなる。

スポンサーリンク

このように、ミノタブの使用には
大いなる勇気が必要であるが、
中には、一切の副作用が現れず、
髪の毛だけが増えるという、
ウヒャヒャな奴も存在する。

挑戦者の数だけ症例が存在するが、
それらを全て平均値化すると、
おおよそ下記のようになる。

完全復活には遠いが、
使用前とは別人となるケースが目立つ。
あくまでも、AGAが完治したわけではなく、
ミノタブの副作用による多毛症を
利用しているだけの話で、
ミノタブの服用を中止すると
遅滞なく、元に戻る。
よくある失敗例としては、
ミノタブの多毛症に慣れすぎて、
自分が薄毛だったことを忘れてしまい、
調子こいて服用を辞めるケースがある。

ゆえに、1度ミノタブに手を出すと、
辞める事ができないため、
ミノタブを始めるか迷っている人にとっては、
人生の岐路ともいえる、重大な選択となる。
なお、ミノタブの服用する場合は、同時に
フィナスタリドも併用するのが望ましい。

ジェネリックのおかげで、
我々、一般市民(若はげ)にも、
簡単に、かつ、安く
育毛製品が手に入るようになった。
全ては自己責任ではあるが、
便利な世の中に
   なったもんだ
だからこそ、
AGA治療は時間との戦い!
AGAになると、
一度抜け落ちた前髪は
2度と生えて
こないのだから!