【悲報】若はげの大学生「退学を考えた」

大学生になると、
どんなにダサい奴でも、
大学デビューを果たし、
彼女ができる。
つまり、大学生活は
人生で1番華やかな時代となる。
ところが、
大学生の100人に1人の割合で、

20歳前後なのに、ハゲちゃう
こうなると、
華やかであるはずの大学生活は
一変する。
「若はげ」にとっての
キャンパスライフは
悪夢のような
公開処刑となる。

流行の髪型ができない

大学デビューの第一歩として、
流行の髪型にする者が多いが、
「若はげ」なヤツは、
それができない。

いきがる

大学生になると、
生活の行動範囲も大きく変わり、
今まで自分をイジめてきたヤンキーどもと
完全に会わなくなる。
すると、葬りたい過去である、
中学・高校での黒歴史を隠蔽し始める。

過去の黒歴史を隠蔽し、同時に
大学では違う自分を演じ、
大学でいきがるヤツが続出する。
「若はげ」なヤツも例外ではなく、
女の子にモテたい一心で、
大学では必死にいきがるようになる。

帽子が手放せない

薄毛だとカッコがつかないため、
帽子を愛用する。

大学の講義中も帽子を取らず、
注目される。
この時、帽子を取らない「若はげ」は
自分に酔いしれる。
「俺は特別な存在だ」
「みんな俺に注目している」
「俺は芸能人なんだ」
ただし、その妄想は
もろくも崩れ去る。

先生によっては厳しい

いくら自由な大学生活といっても、
中には厳しい先生もいる。
講義中に帽子を取らない生徒に対し、
厳しく指導する先生もいる。
先生が怒ると授業が進まないため、
真面目に勉強している生徒から
ブーイングが起こる。
このブーイングの前では、さすがに
帽子を取らない「若はげ」も
帽子を取らなくてはならない。

帽子を取ると、GAMEOVER